気ままな日記

気に入った出来事があると、すぐにアップする防備録のようなもの

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

実はこのドラマが製作発表されて、柴咲コウが主人公・主演と耳にした時の感想は

「ハア?」の一言に尽きる。柴咲コウといえば、「ガリレオ」をはじめとした主人公の

男性とダブル主演の時に一番光る女優である。今回のように単独主演しかも 大河ドラマ

主役の向きでは全くない。過去「おんな太閤記」の佐久間良子、「草燃える」の岩下

志麻、「いのち」「花の乱」の三田佳子、「春日局」の大原麗子等の名の通った女優、

近年だと「功名が辻」の仲間由紀恵、「篤姫」の宮崎あおい、「お江」の上野樹里等、

NHKの朝ドラなどの出演者、功労者を選ぶことが多かった。

 

「八重の桜」の綾瀬はるか、「花燃ゆ」の井上真央などあんまり過去のNHKのドラマに

関係ない女優を選んできて、結果視聴率的には大苦戦。それでドラマの出来はというと

「八重の桜」はともかく「花燃ゆ」は群馬県令時代で朝ドラでもよかったんじゃないか

と真面目に思ったもんだ。NHK大阪放送局製作の「あさが来た」で波瑠演じるヒロイン

で朝ドラを製作した時、もう大河ドラマの時代ではないと思ったもんよ。

 

f:id:TOKYOOHSHO:20170528214956j:plain

 

確かにドラマが始まり、第4話にして柴咲コウがやっと登場してきたときはともかく

相手の井伊直親役の三浦春馬だとどう見ても違和感があるし、小野但馬守役の高橋

一生だと地味だし、柴咲コウは時代劇に不向き(テレビドラマ・映画「信長協奏曲

での出演はあるにせよ)じゃねえのと思ってた。

 

ところが今川氏真(尾上松也)に井伊直親が討ちとられ、次郎法師が還俗して井伊直虎

なってから、女地頭(この場合井伊谷の領主)になってからというもの、若い中野直之

(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)を従えたころからドラマの核ができたのか少し

面白くなってきた。また今川氏寄りの小野但馬守(高橋一生)の井伊直虎に対する複雑な

感情を見ていくうちに、こりゃはまりだなぁとだんだん思えてきた。

 

今回龍雲党の首領・龍雲丸(柳楽優弥)との再開、井伊直虎が懸命に龍雲丸に訴える姿を

見て、当初直虎役でオファーされていた杏ではなく、柴咲コウでよかったんじゃない?

と思えるようになってきたのです。くらいに柴咲コウは表情が豊かで見ていてとても

面白い。これは大河ドラマではない!という方も一度固定観なしにご覧になるといい

かもしれない。