気ままな日記

気に入った出来事があると、すぐにアップする防備録のようなもの

映画のサントラをストリーミングサービスで作成する

先週「アベンジャーズ/エンドゲーム」から「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」連続上映カウントダウンイベントを鑑賞。日付が変わってすぐ、コロんビア映画のロゴがでてきて画面が切り替わる直後。ホイットニー・ヒューストンの超代表作「I Will Always Love You」(1991)が流れてきた。一瞬なんで「ボディーガード」?

その後おなじみマーベルスタジオのロゴが終わるまで「I Will Always Love You」が。

https://www.youtube.com/watch?v=H9nPf7w7pDI

物語は、スパイダーマンの本拠地ニューヨークを離れ、ピーター・パーカーたちは修学旅行でヨーロッパ各地を歴訪することになる。イタリアの画面で流れる歌を聴きながら今回も選曲に画面がよくマッチしており、MCUって選曲能力ってすごいんやなと素直に感心。しかも現代はネット上にまとめサイトがアップ。翌日には案の定まとめサイトに全曲紹介されていて、早速サントラ作成のためひたすらストリーミングサイトを探す。

歌は 9曲+Sony Classical から販売しているスコア版(マイケル・ジアッチーノ作)と組み合わせて作成すれば Spotify みたいなリストが作成できる。

Amazon Music は1曲あたりの価格が少し高めで可変ビットレート(VBR)で 256Kbpsのエンコーディングに落とされてしまうため、Google Play Music を使い曲を検索してはチョイス、ダウンロードを繰り返す。

この方法にまさしくはまったのが「キャプテン・マーベル」で合計13曲(1曲は出演者のサミュエル・L・ジャクソンが歌っている、1曲のみ新品 CD からリッピングしたがその曲以外はすべてダウンロード。われながら力作でまるでアルバムみたい。

Marvel Studio「Captain Marvel」

Heart「Crazy On You」
Lita Ford「Kiss Me Deadly」
Salt-N-Pepa「Whatta Man」
Elastica「Connection」
Garbage 「Only Happy When It Rains」
R.E.M.「Crush With Eyeliner」
TLC「Waterfalls」
Des'ree「You Gotta Be」
Nirvana「Come as You Are」
No Doubt「Just a Girl」
R.E.M.「Man on the Moon」
Samuel L. Jackson「Please Mr Postman」
Hole「Celebrity Skin」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は 「キャプテン・マーベル」より少なくて 9曲選曲された。

Columbia Pictures「Spider-Man:Far From Home」

Whitney Houston「I Will Always Love You」(1991)
Umberto Tozzi「Stella Stai」(1980)
Caterina Valente「Bongo cha cha cha」(1959)
Mina「Amore di tabacco」(1964)
Marcela Laiferova「Slnko」(1973)
The Matadors「Snad Jednou Ti Dam」(1966)
AC/DC「back in black」(1980)
The Rubinoos 「I Wanna Be Your Boyfriend」(1976)
The Go-Go's「Vacation」(1982)

これ意外と楽しいですよ。