気ままな日記

気に入った出来事があると、すぐにアップする防備録のようなもの

アカデミー賞決まる。未見の作品を中心に。

先日TOHOシネマズ六本木ヒルズに「女王陛下のお気に入り」を鑑賞に行った時、オスカー受賞となる作品は?といろいろ予想を立てていました。

注目の監督賞と作品賞は、Netflixで配給した映画「ROMA/ローマ」と「グリーンブック」がそれぞれわけあうこととなった。

 

「グリーンブック」と「ブラック・クランズマン」は是非とも映画館で観たい作品。

 

2018年 ユニバーサル映画「グリーンブック」(作品賞、助演男優賞)

監督:ピーター・ファレリー
脚本:ニック・バレロンガ/ブライアン・ヘインズ・クリー/ピーター・ファレリー
製作:ジム・バーク/ニック・バレロンガ/ブライアン・ヘインズ・クリー/ピーター・ファレリー/クワミ・L・パーカー/チャールズ・B・ウェスラー
製作総指揮:ジェフ・スコール/ジョナサン・キング/オクタヴィア・スペンサー/クワミ・L・パーカー/ジョン・スロス/スティーヴン・ファーネス
出演者:ヴィゴ・モーテンセンマハーシャラ・アリ/リンダ・カーデリーニ
音楽:クリス・バワーズ
撮影:ショーン・ポーター
編集:ポール・J・ドン・ヴィトー
製作会社:アンブリン・パートナーズ/パーティシパント・メディア/コナンドラム・エンターテインメント/シネティック・メディア
配給:ユニバーサル映画/ギャガ

 

===================================================================

2018年 Netflix 配給「ROMA/ローマ」(監督賞、外国語映画賞など)

脚本・撮影・編集・製作・監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:ガブリエラ・ロドリゲス/ニコラス・セリス
製作総指揮:ジョナサン・キング/デヴィッド・リンド/ジェフ・スコール
出演者:ヤリッツァ・アパリシオ/マリーナ・デ・タビラ
編集:アダム・ガフ
製作会社:パーティシパント・メディア/エスペラント・フィルモ
配給:Netflix
公開:イタリア
上映時間:135分
製作国:メキシコ/アメリカ合衆国

 

===================================================================

2018年 パルコ配給「ブラック・クランズマン」(脚色賞)

製作・脚本・監督:スパイク・リー
脚本:デヴィッド・ラビノウィッツ/ケヴィン・ウィルモット/チャーリー・ワクテル
原作:ロン・ストールワース「BlacK Klansman」
製作:ジョーダン・ピール/ショーン・レディック/ショーン・マッキトリック/レイモンド・マンスフィールド
出演者:ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー/ローラ・ハリアートファー・グレイス
音楽:テレンス・ブランチャード
撮影:チェイス・アーヴィン
編集:バリー・アレクサンダー・ブラウン
製作会社:レジェンダリー・エンターテインメント/
パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ/
ブラムハウス・プロダクションズ/
モンキーパー・プロダクションズ/
QCエンターテインメント
配給:フォーカス・フィーチャーズ/パルコ
上映時間:128分

===================================================================

 そして最多受賞は「ボヘミアン・ラプソディ」(主演男優賞ラミ・マレック含む 4部門)

監督:ブライアン・シンガー
原案・脚本:アンソニー・マクカーテン
原案:ピーター・モーガン
製作:グレアム・キング/ジム・ビーチ/ピーター・オーベルト/ブライアン・メイロジャー・テイラー
製作総指揮:アーノン・ミルチャン/デニス・オサリヴァン/ジェーン・ローゼンタール/デクスター・フレッチャ
出演者:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ベン・ハーディ/ジョゼフ・マゼロ/エイダン・ギレントム・ホランダー/アレン・リーチ/マイク・マイヤーズ
音楽:ジョン・オットマン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集:ジョン・オットマン
製作会社:20世紀フォックス/ニュー・リージェンシー/GKフィルムズ/クイーン・フィルムズ
配給:20世紀フォックス