読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな日記

気に入った出来事があると、すぐにアップする防備録のようなもの

パソコンからタブレットへ使用頻度が逆転する日

ついにというか、先日ケータイショップに出向きショップ専用アプリ、契約プランの

見直しをかけたところ、別の電話番号で回線契約しているWi-Fiルータタブレット

無償(ただしSIMなし)かつ月額のランニングコストが500円ほど安くなると案内されて

即座に契約。※実は昨年もi-Pad を案内されたが 3回線契約が必要といわれ断念。

 

タブレット画面の保護だけは必要とポイントで保護フィルムを購入。以前、PHS回線

Wi-Fiルータへ変更した際も無償のタブレットを手にいれたのだったが、その頃は

タブレット自体が i-Pad 独占の頃であり、あんまり手軽でもなかった。何せ初代の

タブレットは電源がACアダプターだったもんね。

f:id:TOKYOOHSHO:20151213080556j:plain

 


それから比べれば今回ずいぶんスマートになった。だが、ひとつ困ったことが・・・

 

自宅のインターネット環境なんだが、いまだに光契約をしておらずADSL契約。ISP

複数社契約でも月額 1500円程度。一応 ISP 複数契約しておくことで、ISP障害時

でも代替ができる構成にしている。これが光にしていない最大の理由。

 

しかもウチの賃貸住宅だと全戸分に回線を敷設するため、モデムを据置くタイプで、

家庭で使用する場合光工事が不要なタイプ。しかも別の有料オプションは付けられ

ない契約(+o+)こんな環境だったもので、ルータは自前なのだがWi-Fiがない。その

ため無線接続はできない。


また、操作についても情報検索は当然パソコン。普段はWindows7のデスクトップ、

外出用にWindows 10 ノート、しかもLANコネクタ付き。移動の際以外はWi-Fi

固執することもなかったから、環境は10年ほど前のまま。ここにWi-Fiのアクセス

ポイントをどうやって付けるのか?・・・

 

結論から言うと、自前のルータ→無線LANルータをカスケードして無線LANルータを

ブリッジモードにすることで解決できた。このため、自宅ではタブレットWi-Fi経由

ISP回線へ接続できるため、動画などのコンテンツが使い放題。

 

そのためか、ちょっとした検索なんかはタブレットで済ませるようになった。なので

ノートPCがホコリになり頻繁に使用する機器はWindows7のデスクトップだけ・・・

 

さすがに、メールの振分け、データの修正なんかはWindows7のデスクトップが

中心ですがね。なのでこのブログの書き込みも近い未来にはタブレットになって

しまうんかねぇ。MicrosoftSurface あたりがもう少し安くなればいいんだけど。