読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな日記

気に入った出来事があると、すぐにアップする防備録のようなもの

丹後半島の間人(タイザ)温泉郷でカニ三昧

両親がよく間人で宿泊してカニをいただいていると聞いて15年くらいたったろうか?

2015年に姉夫婦と宿泊・カニをたらふく食べて満足していたらしく、今年も行こうと

企画して予約したらしい。週末は満室売り切れだが、平日をはさめば予約できるため、

2月ほど前に予約を入れたと連絡がはいった。

 

両親・姉夫婦は京都市内から自家用車でいけるが、東京から行く場合は当然新幹線か

何かを使わなければいけず「おそらく前日京都泊は無理、どこかでピックアップ」が

一番いいだろうとおおよぞの到着時間を伝えておいた。

 

その間、仕事が忙しくなかなか時間が作れないかなといったん危惧したのですが、

無事に休暇を取得し、姉夫婦たちと合流。一路丹後半島へGo!

f:id:TOKYOOHSHO:20161118173423j:plain

茹で蟹 1人1杯ずつ。当然お持ち帰りで翌日実家で1杯平らげたw

 

いやぁ、このメニューがスゴイのなんのって!先ほどの茹で蟹以外に

 

・蟹・イカ・甘海老の刺身

・アワビの陶板焼き

・蟹味噌甲羅焼き

・焼き蟹

・蟹の天麩羅

・蟹スキ

・蟹雑炊

のメニュー、う~ん、何杯分のカニをいただいたかようわからん。

 

これだけふんだんにカニを食べたらお値段がオソロシ~と思ったが、なんと消費税込で

2万円ほどのお値段!週末泊でも 2,000円程度プラスなものだから、平日にも関わらず

宿泊客はかなりいたみたい。

 

この宿泊コースを見つけたのは、私の峰山の叔父でひいきにしていたらしく、また岩滝

で印刷会社を経営している叔母(数年前に他界した)もよく来ていたらしい。

f:id:TOKYOOHSHO:20161118160527j:plain

夕日が沈む日本海の水平線はまさに絶景。綺麗な景色だった。

 

また、この宿泊先の名物さざえ御飯は茹で蟹とともにお土産で持ち帰り、カニは翌日

さざえ御飯は帰りの新幹線の中で食事しました(^.^)

f:id:TOKYOOHSHO:20161120111320j:plain

 

京都へ帰り、今回は銀閣寺ますたに本店でラーメンでシメ

f:id:TOKYOOHSHO:20161119133538j:plain