読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな日記

気に入った出来事があると、すぐにアップする防備録のようなもの

アメコミ映画の方向性

2002年に、それまで苦境続きだったコロムビア映画がマーベル社とタッグを組んで

サム・ライミ監督の元「スパイダー・マン」を公開して爆発的ヒットを記録。

そのあとは、「スパイダー・マン」3部作まで製作、20世紀FOX映画が「X-MEN

ファンタスティック・フォー」、ワーナー映画がクリストファー・ノーラン監督で

バットマン」をリブート、「スパイダー・マン」で成功したマーベル社は、初期は

パラマウント映画、ユニバーサル映画などで「アイアンマン」「マーティー・ソー」

「ハルク」「キャプテン・アメリカ」などを次々リリース。「アベンジャーズ」以降

はディズニー配給でラインナップを揃え「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や

アントマン」など次々リリースし、作品数だけで数えれば「スター・ウォーズ」を

凌ぐ勢い。ワーナー映画も「バットマン」では少ないと考えたか「ジャスティス」を

DCコミックとタッグして。1作目「バットマン VS スーパーマン」をリリース。

 

さて、公開は「バットマン VS スーパーマン」のほうが1カ月程度早かったのだが、

いろいろな都合で劇場に見に行けたのが 4/30(土)、方や「シビル・ウォー」の方が

5/1(日)の鑑賞になってしまった。

f:id:TOKYOOHSHO:20160215114849j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20160429112758j:plain

 

両作品に共通するのが、「正義で行った行為が人命に脅威を与えるのは悪であるか?」

という偶然だが同じような問題提議が発端になり「バットマン VS スーパーマン」では

レックス・ルーサーの陰謀で、被告としてスーパーマンが法廷に出頭。(直後のテロで

スーパーマンは犯罪者として無実の罪で民衆に糾弾されるが)

 

「シビル・ウォー」では、アイアンマンをはじめアベンジャーズの活動すべてについて

国連の監視下におく「ソコヴィア協定」をメンバーに承諾させようとする。この協定に

署名したトニー・スターク/アイアンマンと、この協定の署名に反対したスティーブ・

ロジャース/キャプテン・アメリカとの二派に分かれて内戦状態に陥らせてしまう。

今作の犯人がソコヴィア人の犠牲への復讐、そのソコヴィア人にテロによって殺害

されたブラックパンサーの父親、トニー・スタークの両親を手に掛けた洗脳されて

いたウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズに復讐しよとするアイアンマン。

 

この中で、ブラックパンサーが真の敵に対して復讐せずに罪を償えと言った言葉が

印象に残った。(復讐の連鎖を断つという意味で、昨今の中央アジア、中東地方の

テロの連鎖のことを思い起こさせた)

 

両作品とも今までのアメリカ映画のようにハッピーエンドで終わったわけではない。

少し後味は悪いように思えるが、この描き方が最近のアメコミの風潮なのだろう。