読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな日記

気に入った出来事があると、すぐにアップする防備録のようなもの

社会人野球の注目度は都市対抗→日本選手権の順

プロ野球日本シリーズ、ドラフト会議が終了、年内の残るゲームは高校、大学野球

(明治神宮野球大会、秋季高校地区優勝校の対決、秋季大学野球地区優勝校の対決)

社会人の日本選手権、日米野球侍ジャパンになりました。おおよそ 11月中旬で

すべての日程を終え、来シーズン 2月のキャンプまでに体力、技術を整える時期に

なっています。

 

この秋の大会は少し不思議な過程が多い大会なんですが、今回は社会人日本選手権を

メインに記事にしたいと思います。

 

2011年、東日本大震災の影響で 夏季に開催していた都市対抗が東京地区で開催中止、

当時は電力使用にあまり問題のなかった関西地区での開催(京セラドーム大阪)とし、

日本選手権は単独で開催しない大会としました。

f:id:TOKYOOHSHO:20111029145026j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20111029144932j:plain

2011年 10月 29日 第82回都市対抗野球大会 第8日@京セラドーム大阪

この写真撮影した位置の3列位後方、阪神タイガース新井貴浩選手(当時)が観戦(・o・)

新井ファンのドームの売り子さんにさりげなく教え、売り子さん感激していた。

 

私には日本選手権は観衆少ないと先入観があり、そのつもりで入場したら内野席は

そこそこ満員、外野スタンドまで解放していたのにはビックリ!

f:id:TOKYOOHSHO:20111029173627j:plain

この写真の時は新井さんは既にドームからいなくなってました。

 

都市対抗の関西開催はこの2011年のみ、2012年から元通り東京ドームへ開催場所を

戻しました。

f:id:TOKYOOHSHO:20130723201338j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20130723204257j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20130723204319j:plain

2013年 7月 23日 第84回都市対抗野球大会 @東京ドーム(第12日・決勝)

 

両大会を主催しているのは毎日新聞社都市対抗と比較して日本選手権が軽い存在、

との印象を受けているのは重々承知しているらしく、日本選手権を少しでも観客増員

させようといろいろ手は打っているようですが、企業側にはあんまりメリットがない

のかなぁ~